技術系

社員紹介 技術系K.SK.S
施設・設備本部
2011年度入社/理工学研究科 物質工学専攻

入社動機さまざまな製品をつくるプラントの設計に化学工学の知識を活かす。

大学で化学工学を専攻しており、その知識を活かすことができないかと考えていた時にインターネットで施設・設備本部の募集を見つけました。業務内容としてプラント設計とあり、ホームページを見て多種多様な製品を取り扱っている会社だと知ったことから、いろいろな経験をすることができると考えて応募しました。

仕事内容工場設備の現状調査から企画・設計、試運転までを担う。

主に工場の設備投資計画に携わっています。例えば生産ラインの増設という設備投資計画があった場合、まず現状の生産ラインを調査し、工程上の改善点を抽出・分析します。そして問題点について製造部門の方々とアイデアを出し合って解決方法を考え、設備を企画・設計していきます。その後、設計した設備をメーカーに発注、導入の監理を行い、試運転までを担当します。

ある1日のスケジュール
8:30出社。朝礼、清掃、メールチェック
9:00製造部門・工務部門と打ち合わせ
11:00打ち合わせ内容を設備の設計図面に反映
12:00昼休み
13:003カ月に1度の部内報告会議
18:00報告会議参加者との懇親会
21:00帰宅
作業風景

仕事の
やりがい
日々多くを学びながら、メーカーの生命線である設備をつくり上げていく。

投資計画の始まりから終わりまでに携わることができ、また社内のさまざまな部署、設備メーカーや工事事業者の方々とのやりとりも多く、日々学ぶことが多いです。まだまだ業務を進める上でわからないこともありますが、わからないことは聞く、悩んだら相談する、という仕事の基本を常に心がけています。会社の事業戦略に直結し、かつ大勢の社員が使う設備をつくり上げていくわけなので、多くの方の意見を聞きながら自分なりに考え、設計したものができ上がった時は達成感があります。

大日精化の
魅力
どの事業所、職場もみんなが協力的で、仕事を進めやすい環境。

入社してから研修で各地の事業所に行きましたが、どの職場も皆さん対応が丁寧で、ちょっとしたことでも質問すると親切に教えてくださいました。現在の担当業務で製造部門や営業部門、技術部門と関わる中でも、とても雰囲気が良く、仕事を進めやすい環境であることが当社の魅力だと思います。

今後の目標社員の働きやすさと生産性向上に貢献する設備を実現していく。

設備投資計画に携わる業務と一括りに言っても、その内容は新規設備の導入から工場の新設などさまざまです。計画の規模にかかわらず、でき上がるものを使う方々の作業性や利便性を考えた上で業務をやり遂げていきたいと考えています。計画を通じて作業者、使用者の働きやすさの向上、ひいては会社全体の利益を支えられるようになりたいです。