ハイテク&カラー 大日精化工業株式会社

文字サイズ

コア技術と主要製品のご紹介

大日精化工業の技術

蓄積したさまざまな技術、なかでもコア技術と位置づけた3技術を融合して製品開発を行う「ファンクション・テクノロジー」により、新しい価値をご提案します。

大日精化工業の技術の概念図
大日精化工業の技術の概念図

3つのコア技術

有機無機合成・顔料処理技術

顔料合成は化学結合の発色理論を中心に、物理化学や界面化学の知識を総合的に駆使する技術分野です。
着色という観点から必要となる、高い「分散性」や「発色性」を実現する技術だけでなく、顔料表面を化学処理して、特殊機能を付与する技術を有しています。この技術が活かされている製品の一例として、液晶カラーフィルター用顔料が挙げられます。

分散・加工技術

水や油に溶けない顔料を対象素材に安定分散させるには、多くのノウハウが必要です。当社は液体、固体などあらゆる素材に対応する幅広い分散・加工技術を持っています。
この分散・加工技術を、着色だけでなく、導電、難燃、強度などの機能付加に応用することで、機能性材料の製造・開発に活用しています。

樹脂合成技術

有機化学物質や天然物からプラスチックやゴムを合成する技術です。ウレタン、ポリアミドイミド、アクリル、天然高分子などの製品について、目標特性に合わせた自由な素材設計を可能にします。当社はこの技術を活用して、他社にないユニークな製品の開発・製造を行っています。

ファンクション・テクノロジー

上記のコア技術を組み合わせ、素材が持つ特性や機能を活かした製品開発を行っています。この技術を「ファンクション・テクノロジー」と名付け、製品開発のスピードアップや市場ニーズ・お客様ニーズへの迅速かつきめ細かな対応に役立てています。

研究開発体制図

研究開発体制図

4つの重点ターゲットと製品事例

重点ターゲット 製品事例
(1)環境 HPU 二酸化炭素を原料とする環境配慮型ヒドロキシポリウレタン(HPU)。ソフトからハードまで、各種のウレタンフィルムなどに用いられます。
水性インキ・接着剤 溶剤を排除した水性のインキ・接着剤。フィルムへのフレキソ印刷にも対応しています。
植物由来TPU 植物由来のウレタン材料を使用した熱可塑性ポリウレタン(TPU)。日本バイオプラスチック協会のBPマークを取得しています。
加飾フィルム材料 情報端末外装材、車両内装材などで、塗装に代わって使われるフィルム材料です。塗装を用いた場合と比べて環境負荷を低減できます。
(2)パーソナルケア 癒着防止膜 胸部の手術後の癒着を防止するフィルム。JSTのNexTEP(産学共同実用化開発事業)の導入試験に合格しており、臨床試験、薬事承認を目指しています。
微粒子ポリマー アクリルやウレタンといったポリマーでつくられた工業用パウダーです。化粧品用途に用いられています。
キトサン、コラーゲン 天然物由来の高分子材料です。衣料・化粧品に用いられます。
(3)エネルギー CNTコンパウンド CNT(カーボンナノチューブ)を配合したプラスチックで、高弾性率・導電性・耐熱性・耐衝撃性を付与します。
無機放熱材料 熱伝導率の高い新たな無機フィラーです。放熱シートなどに用いられます。
無機脱臭触媒 有害成分であるオゾンの分解に用いられる酸化促進触媒です。脱臭効果が期待されており、実証データを取得中です。
遮熱顔料 太陽光による熱を遮断する無機顔料。屋根や道路などの塗料に使用されています。
リチウムイオン電池・
太陽電池用部材
それぞれの内外部の部材に使用されています。
(4)IT・エレクトロニクス分野 表示記録材料 液晶やプリンタなどの表示・記録用の用途に合わせた顔料と、顔料を安定に分散するための各種材料を提供しています。
ディスプレー用材料 タブレットなどのディスプレー用に、表面コート材料、中間層フィルム材料などを提供しています。