営業・管理系

社員紹介 営業・管理系M.YM.Y
経理・財務本部 経理部
2013年度入社/社会科学部 社会科学科

入社動機経理職を目指し、自分に合う雰囲気の会社を探していた。

会社の雰囲気が会社選びの決め手になりました。元から経理職を目指して就職活動をしていたこともあり、正直にいうと「会社の事業内容」以上に「どのような人と一緒に仕事をするのか」が気になっていました。先輩社員の方との懇談会など、選考過程の中で明るく気さくな人が多いなと感じたことが入社理由です。
その印象は入社してからも変わっていません。業務上、さまざまな方に資料提出などのお願いをしますが、協力的な方が多く仕事がしやすい環境です。

仕事内容会社の経営状況を数字で示す決算業務を担う。

私の担当業務は、決算業務とそれ以外の業務の大きく2つに分けられます。
決算業務は、会社の経営成績などを示す決算書を作成するための業務です。売上などの数字を会計のルールに従って集計し、貸借対照表(B/S)や損益計算書(P/L)と呼ばれる表を作成します。これらは決算短信などの書類に記載され、株主など社外の方に開示されます。この決算業務は四半期ごとにあり、1年のうち5カ月ほどの期間をこれに充てます。
その他の期間は、新しい会計ルールへの対応など、中長期的な課題に取り組んでいます。

ある1日のスケジュール
8:50出社
9:00部内ミーティング
9:30連結決算作業
12:00昼休み。食後の昼寝で頭もスッキリ
13:00複雑な会計処理について部内メンバーで議論
14:00連結決算作業。海外子会社へ不明点を問い合わせ
18:30決算の繁忙期にしては早めの退社
職務風景

仕事の
やりがい
難題を解決し、その経験とともに自分の理解が深まっていく達成感。

経理業務の魅力は、難しい問題を解決できた時の達成感だと思います。
会計のルールは極めて多岐にわたり、それらをまとめた本の分量は3,000ページにものぼります。そのため、特殊な取引が発生すると、どのように会計処理するべきなのか、すぐにはわからないことが多々あります。そうした場合、さまざまな文書を読み込んだり、先輩や会計士に相談したりします。答えを出すまではとても大変ですが、苦労した分、解決できた時の喜びもひとしおです。また、以前は全くわからなかった問題が、経験を重ねるにつれて理解できるようになると、経理としての成長を実感できます。

大日精化の
魅力
言いたいことを気さくに言い合える風通しの良い仕事環境。

入社前に感じた通り、気さくで優しい人が多い会社です。コミュニケーションも活発で、社内のあちこちで打ち合わせしている光景が頻繁に見られます。私自身も、正式な会議だけではなく、フロア内にあるサイドスペースでちょっとした打ち合わせをよくします。言いたいことが言える風通しの良い環境で気持ち良く仕事ができています。

今後の目標一人前の経理担当に、さらに知識の幅を広げて会社に貢献したい。

まずは、税務に関する業務を一人でも任せてもらえるようになりたいです。決算に関しては、連結決算という比較的難しい業務を担当させてもらって、一通りの決算業務に関わることができました。後は税務業務ができるようになれば、一人前の経理担当といえるのではないかと考えています。
今は基本的には決算書作成のために数字を扱っていますが、将来的には経理業務のほかに自社製品などへの理解を深め、より多角的に会社に貢献していきたいです。