営業・管理系

社員紹介 営業・管理系N.AN.A
顔料事業部
2017年入社/法学部 国際関係法学科

入社動機色をつくるという事業の新鮮さと、会社の穏やかな雰囲気に惹かれて。

実体のあるものを製造し販売するという点がわかりやすかったため、メーカーに興味を持っており、その中でも、幅広い製品づくりに関わることができる素材メーカーを中心に就職活動をしていました。就活情報誌で色彩の総合メーカーである大日精化の存在を初めて知り、「色」という私たちの身の回りにあって当たり前だと思っていたものをつくるということに面白さを感じ、説明会に参加しました。面接で会社の穏やかな雰囲気に惹かれ、この会社の一員として働きたいと思ったのが、入社を決めた理由です。

仕事内容営業担当になるために、実務と並行して入念な研修でしっかり準備する。

顔料を軸にビジネスを展開している事業部でOJT研修を受けています。
配属後も、事業部内の各課で営業として必要なことを学ぶ研修があり、私が正式に営業として担当顧客を持つ2年目に向けて十分な準備期間を与えてもらっています。日々の実務としては、先輩との営業同行に加えて、営業訪問などの議事録作成、電話応対など先輩のアシスト業務を経験しています。

ある1日のスケジュール
8:30出社。メールと新聞のチェック
9:00来客応対に同席
10:30訪問予定のお客様について予習
11:30昼休み
12:30移動
14:00お客様への営業同行。知識吸収の場!
15:00移動
16:30面談記録や各種書類作成
17:30退社
職務風景

仕事の
やりがい
さまざまな年代・立場の方と関わることで自分の世界が広がる。

営業はお客様と技術・製造の橋渡しをする立場だと考えています。当社の窓口として、技術・製造の社員と協力しながら仕事をするので、板挟みになることも時にはありますが、多くの人と関われるのが魅力だと思います。学生だった時とは違い、年代や立場の違う方とお話をする機会が多いので、会話の内容や話し方に特に気を配る必要があるのが難しいところだと感じています。幅広い話題に対応できるよう、スポーツや政治、経済について新聞などでチェックするようにしています。また、文系出身のため、現時点では技術の専門的な会話についていくのはかなり難しいです。けれど、研修や本、それに先輩方から直接学べる機会が多くあるので、自発的に学んでいく姿勢が大切だと感じています。

大日精化の
魅力
穏やかな雰囲気と、人に重きを置いた親身な社風が魅力。

穏やかな雰囲気が当社の魅力です。入社後、研修の手厚さを日々感じており、人を育てることに重きを置いた、社員を大切にする社風なのだと知りました。そのような社風が、就職活動中に感じた穏やかな会社の雰囲気につながっているのではないかと思います。社員に対してもお客様に対してもそうであるように、社内・社外を問わず親身になって相手に応えようとするところが「大日精化らしさ」であると考えます。この「らしさ」は、既存の事業だけで生き残っていくのが難しい今の時代において、時代に求められているものを追求していく上での強みになると思います。

今後の目標魅力的な会話のできる営業として自分のスタイルをつくっていく。

営業ではお客様との会話が何より大切だと思うので、魅力的だと思っていただけるような営業になりたいです。今は先輩方の営業スタイルを見て学び吸収する時期なので、とにかくインプットして勉強している最中ですが、徐々に自分の営業スタイルといえるものをつくれたらいいなと思っています。少しでも早く一人前の営業になり、大日精化の発展に貢献できたらと思います。また、将来、結婚・出産をしたとしても、長く働き続けたいです。最近そのような社員も増えているので、私も後に続くことができたらと考えています。